RSI(金融)

RSIとは

RSIはRelative Strength Index(相対力指数)と呼ばれ、相場の状態を見極めるために使われているストキャスティクスやモメンタムと同じオシレーター系のテクニカル指標になる。

概説

RSIは1978年にJ.W.ワイルダー氏が考案した指標の一つで、価格が買われ過ぎている状態なのか、それとも売られ過ぎている状態なのかを見極めるために使われている。具体的には数値は0%から100%の間で推移し、0に近ければ近いほど売られ過ぎている、100に近ければ近いほど買われ過ぎている状態になる。
また、RSIは以下の式にて算出することが出来る。

n日間の値上がり幅合計÷(n日間の値上がり幅合計+n日間の値下がり幅合計)×100

nには9日、14日、22日などが使われる事が多い

特徴

RSIは中短期のタイミングで相場を見極めるために使われる事が多く、50%のラインを基準点として、一般的には70%(あるいは80%)を超えると買われ過ぎ、30%(あるいは20%)を下回ると売られ過ぎとされている。また50のライン付近で反発が起こる事もあり、50よりチャートが上に位置している場合は上昇トレンド、下に位置している場合は下落トレンド、のようにトレンドを見るように使う事も出来る。
一方で、RSIは基本的に相場に大きな動きが無い際に有効であるため、強いトレンドが効いている時などは70%を超え続けて上昇していく事もあれば、その逆もあるため相場が大きく動いているような局面では注意が必要。またスキャルピングや短期のスイングトレードなどのように短かい期間での使用も向いていないとされている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。