ラッセル2000

ラッセル2000(米国小型株価指数)とは

ラッセル2000(RUT)はアメリカの資産運用会社フランクラッセル(Frank Russell)社が1984年に開発したアメリカの小型株を中心とした株価指数を指す。
小型株とは時価総額が小さい銘柄で個人投資家が参入しやすい。そのためラッセル2000銘柄は個人投資家が注目しやすい指数。
またラッセル指数には時価総額上位1000銘柄を対象にしているラッセル1000、上位3000銘柄を対象としたラッセル3000という株価指数もある。

概説

ラッセル2000株価指数はニューヨーク証券取引所(NYSE)、ナスダック(NASDAQ)に上場している銘柄の時価総額が1001~3000位までの浮動株調整後の時価総額加重平均の指数になり、年に一度、銘柄の入れ替えを行っている。
投資家は中小規模の投資信託をラッセル2000株価指数と比較しパフォーマンスを測る事が多い。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。