SaaS

SaaSとは

SaaS(サース:Software as a Service)は利用者にインターネットを通じて提供者側の環境で作動するソフトウェアを提供する形式のサービスのこと。

概説

ソフトウェアは従来、利用者がソフトウェアを提供者から購入した上で、自分のコンピューターにインストールする必要があったが、SaaSでは利用者がwebブラウザなど一般的なソフトを使いインターネットを経由してアクセスすることで、提供者の環境にあるソフトウェアをその場で作動させることで利用することになる。
例えば多くの人が利用しているメールサービスであるGmailもSaaSの一つの例と言え、アプリケーションは利用者のパソコンやスマホなどの端末にメールデータを保存する訳ではなく、メールデータ自体はGoogleが用意した環境にあり、利用者はブラウザやアプリを経由してGoogle環境にアクセスし、その上で利用していることになる。

なお似た意味で使われるASPという言葉があるがこれらに厳密な違いはなく、ASPが新しくSaaSと呼ばれるようになっただけである。
SaaSのメリットとして、利用者はソフトウェアを利用するのにソフトウェアの入手やインストールといった手間がなく、提供者のプロバイダにデータが保存されるため外出先であったり、別のコンピュータからでもソフトウェアを利用し、アプリケーションやデータを利用することができる。また、ソフトウェア買い切り型の形態に比べて、導入の初期費用が抑えられ、常に最新の状態で使うことができるというメリットもある。利用者はソフトウェアの管理について意識する必要はない。
提供者側のメリットとしては自身で管理できることからソフトウェアの不正なダウンロードを防いだり、ソフトウェアを利用者が使う様々な機器のOSの種類などに合わせて開発しなくてもよいというメリットがある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。