西芳寺

西芳寺(苔寺)とは

西芳寺は京都府京都市にある寺院で、『古都京都の文化財』における対象施設の一つとして、1994年12月にユネスコの世界遺産に登録された。

概説

『西芳寺』は奈良時代の創建された寺院であり、約1300年前に行基が開山した。飛鳥時代、西芳寺がある場所には、聖徳太子の別荘が建てられていたと言われている。奈良時代に別荘を寺院に改めることによって『西方寺』(※のちの『西芳寺』)が開創された。鎌倉時代には西芳寺は荒廃してしまうが、1339年に高僧であり、日本初の作庭家でもあった『夢窓疎石』によって禅寺として再興した。しかし、その後『応仁の乱』によって西芳寺は焼失し、1485年には洪水の被害を受ける。本願寺の足利義政や蓮如よって復興するが、江戸時代に入ると再び2度の洪水の被害を受けた西芳寺は荒廃した。そして1878年に再興されて、昭和時代に入り、1928年からは一般公開もされるようになるが、1977年より一般の拝観が中止となって以降、完全予約制となり現在に至っている。

西芳寺の特徴

『西芳寺』は、臨済宗の仏教寺院であり、1952年に国の特別名勝に指定されている。西芳寺に訪れると、まず『本堂』で説法を聞き、写経を行う。その後、願いを込めた写経は永久奉納され、写経庭園に向かうことができる。別名『苔寺』と呼ばれるほどに庭園は苔に覆われており、苔は約120種類存在する。季節によって色合いの変化も楽しむことができるが、苔の最も美しい時期は梅雨である。庭園は上段、下段の二つに分かれており、上段は『枯山水式庭園』があり、日本最古の枯山水の石組を見ることができる。下段は『池泉廻遊式庭園』があり、黄金池という西芳寺庭園の本池があり、心の字を象っていることから『心字池』とも呼ばれている。また黄金池の中には、朝日ヶ島・夕日ヶ島・長島の3つの島が浮かんでおり8つの橋が架けられている。庭園内には、国の重要文化財に指定されている茶室、『湘南亭』があり、千利休の息子『千少庵』によって建立された。岩倉具視が幕末に隠れていた場所としても知られている。枯山水式庭園には開山堂である『指東庵』が建っており、すぐ横に座禅石がある。この座禅石で夢窓疎石が座禅していたと言われている。

拝観時間
※一日一回のみ開門、往復ハガキによる事前申し込みが必要
10時00分~(7月~9月 午前の部)
13時00分~(10月~6月 午後の部)

参拝冥加料
3000円以上

アクセス

京都駅よりバス(京都バス73系統)→約60分
『苔寺・すず虫寺』下車より徒歩→3分

駐車場:なし

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。