サムスン電子

サムスン電子とは

サムスン電子(삼성전자/Samsung Electronics)は韓国の京畿道水原市に本社を構える電気機器メーカー。スマートフォンを始めとしたエレクトロニクス事業が大きく成功し現在では世界的な企業にまで成長した。韓国総合株価指数の構成銘柄の一つであり、市場内でも多くの時価総額を占めている。

概説

サムスン電子は1969年にサムスングループの産業部門の一つとして設立され、当初はテレビなどホーム家電を製造していた。その後もPCやビデオテープレコーダーなど一般消費者向けの製品を続々とリリースし事業を成長させていく一方で半導体など後の携帯電話事業に繋がる製品もリリースを続けていた。
2000年代に突入するとその半導体の部門で生産量が増加し、同社は次々と新製品を投入して成長につなげていく。
そして2010年になると当時勢いを見せていたスマホ市場に進出しアンドロイドOSプラットフォームとしたSamsung Galaxyを作り上げる。この端末は当時スマホとして主力端末であったiPhoneを追撃する形で徐々にシェアを拡大させていき、アンドロイド端末がiPhoneより廉価である点などから世界的にギャラクシーは広がっていった。
これによりサムスン電子自体の知名度自体も向上していった。
ただし、スマートフォン事業は他のアンドロイド端末やiPhoneとの競争は激化しており年々優位性は薄れている。この理由には新たな進化・革新が業界全体に起こっていないという点もある。そのため2010年代初頭に比べると2010年代後半におけるサムスンの事業はスマホなどの電子機器を基盤としながらも一方ではM&Aによる買収により新しい道を模索している。

Apple社との訴訟

サムスン電子はスマートフォンであるギャラクシーを巡って米国のApple社と訴訟を繰り広げていた。まず2011年にa href="https://yougoshu.com/all/apple" rel="noopener" target="_blank">Apple社はサムスンに対してiPhoneiPadの商標や特許等を侵害したと訴訟を提起、一方サムスンはa href="https://yougoshu.com/all/apple" rel="noopener" target="_blank">Apple社に対して通信技術などを無断で使用したとして反訴を起こす。
裁判合戦は2014年に米地裁がサムスンに対して賠償を命じる判決を下した事で大きく進捗する。但し、この判決ではアップルが求めていた販売差し止めは棄却されている。
その後も両者は様々な領域で訴訟を行っていたが、その内の一つであるデザインを巡っての訴訟は長く時間を要し始まった2011年から2018年まで実に7年もの間争われ、最終的にこの訴訟は両社の和解により終わる事になった。
和解に至った背景に関するコメントは無いが、スマホ市場が成熟した点や、中国メーカーの台頭などによりiPhoneもギャラクシーも伸び悩んでおり、両者とも争っている場合ではないと判断したのではないかと見る向きもある。

サムスン電子の開発する製品

サムスン電子は以下のような製品を開発・製造している。

・LCD/LEDパネル
・リチウムイオン電池
・携帯電話/スマートフォン
・半導体
・テレビ
・デジタルカメラ

会社情報

会社名 Samsung Electronics Co.、Ltd.
設立 1969年1月13日
本社所在地 大韓民国京畿道水原市霊通区三星路129
事業内容 デジタルメディア、半導体、情報通信、家電の開発・販売
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。