SBIVCトレード

SBI VCトレードとは

SBI VCトレードは東京都港区六本木に本社を構えている日本の暗号資産(仮想通貨)取引所で、運営するSBI VCトレード株式会社は2016年11月に設立された。2018年より取引所として運営を開始しており、当初はSBI バーチャル・カレンシーズという名称であったが2019年7月に現名称に変更している。

概説

SBI VCトレードは暗号資産の交換・取引サービスやシステムの提供行なっているSBIグループの会社で、SBIホールディングス株式会社代表取締役社長でもある北尾吉孝氏がCEOとして率いている。また様々な金融商品と取り扱うSBIグループがバックボーンとして存在しており、様々な知見を有している。

SBI VCトレードの特徴

SBI VCトレードはリップル(XRP)ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の3つの暗号資産を取り扱っており、過去にはビットコインキャッシュ(BCH)も取り扱いがあった(2019年6月に取り扱いを廃止)。その中でも特にリップル(XRP)に関してはジョイントベンチャーを立ち上げるなど関係が深い。そのためリップル(XRP)に関するプレゼントキャンペーンなども行われている。
取引所はVTTRADE Proと呼ばれるシンプルな画面で構成された画面が特徴で、チャートにはTradingviewを採用しており多くの機能を扱う事が出来る。なお、SBI VCトレードはレバレッジ取引には対応していない。

現物取引

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。