西武ドーム

西武ドームとは

西武ドームは埼玉県所沢市にあるドーム球場で、プロ野球チームである埼玉西武ライオンズが本拠地として使用している。

概説

西武ドームは1963年の西武園球場まで遡り、その後西武ライオンズの試合を行うための球場として1979年に開業した。長く屋外の球場として使用されていたが、1999年に日本で5箇所目のドーム球場として生まれ変わることになり、現在の西武ドームとなった。西武ドームの周辺地域には狭山丘陵があり、球場は掘り下げ式になっている。また屋根を後に設置したという点から他のドーム球場とは異なり壁面がなくオープンであることもあり、冬場は寒く、夏場は暑いドーム球場という環境になっている。

なお、ドーム化を進めている改修当時はグラウンドの部分がドームに覆われていなかったためドーム球場であるにも関わらず雨天中止という試合が発生している。

西武ドームは現在では野球の試合だけではなく、その他のイベントやコンサートなど色々な目的に使われており、またアクセスに関しても臨時特急「スタジアムエクスプレス(ドーム)」などもあるため、距離の割に交通網もしっかり整備されているドーム球場になっている。

特徴

西武ドームは32,725人の収容人員を誇り、両翼の長さはは100m、センターは122m、フェンスの高さは3.2m~4.37mの高さとなっている。
また、元来屋外の野球場として建設されたため、幾度となく修繕を行っており、人工芝の張替えやフィールドシートの設置など、他の球場が進めたボールパーク化を西武ドームも進めている。
また、バリアフリー設備の拡充や女性客のための授乳室も作られるなど近代的なドームとして西武ドームは改修が加えられている。
また、ブルペンやマウンド、スコアボードの全面カラー化、最新の音響設備の導入などエンターテイメント性を高める施設の拡充も図られている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。