信越化学工業

信越化学工業とは

信越化学工業株式会社は、塩ビ・化成品事業、半導体シリコン事業、電子・機能材料事業、加工・商事・技術サービス事業、機能性化学品事業、シリコーン事業などの事業を手掛ける化学メーカーである。本社は東京都千代田区に構えている。

概説

信越化学工業は、化学肥料と石化窒素を生産することを目的に、1926年に『信越窒素肥料株式会社』が発足された。翌年には直江津工場を開設し、カーバイドと石化窒素の製造を開始する。1940年に『信越化学⼯業株式会社』に社名を変更して、その後、シリコーン、塩化ビニル樹脂、か性ソーダ、塩素、クロロメタンなどの生産・製造を開始する。60年代に入ると、シリコーンRTVゴム、左官⽤メトローズ、胃溶性コーティング剤(TC-5)などの開発を行うようになる。現在も多くの化学品の開発を行っている。

信越化学工業は、産業や生活の基礎となる製品や素材を製造している企業であり、建築、土木、家電、デジタル機器、自動車、化粧品原料、トイレタリー製品、家電モーター、光ファイバー、医薬品、害虫防除剤など幅広い分野で活躍している。
1960年代より、海外進出した信越化学工業は現在、売り上げの7割以上を海外が占めている。今後、未来に向けて『素材』と『技術』を活かして暮らしや社会・産業に貢献していくことが目標である。

展開する主なサービス

塩ビ・化成品事業
半導体シリコン事業
シリコーン事業
電子・機能材料事業
機能性化学品事業
加工・商事・技術サービス事業

関連会社等

信越ポリマー
シンコーモールド
埼玉シンコーモールド
タツノ化学
丸喜化学工業(株)
富士システムズ
信越半導体
直江津電子工業
長野電子工業
三益半導体工業
信越フィルム
信越石英
山形信越石英
福井信越石英
直江津精密加工
信越マグネット
信武磁工
いわき半導体
エスアイセミコンサービス
鹿島塩ビモノマー
日本酢ビ・ポバール
日信化学工業
鹿島電解
信濃電気製錬
アドマテックス
シンユウ
信越アステック
信越エンジニアリング
日本レジン
直江津産業
信越機工
磯部機工
シンエツ.テクノサービス
産業情報センター
福井環境分析センター
直江津アセチレン
ヒューマンクリエイト
スカイワードインフォメーションシステム
信越ファインテック
信建総合設備
信越総合建設
磯部サービス
鹿島サービス

会社情報

会社名 信越化学工業株式会社
設立 1926年9月16日
本社所在地 東京都千代田区大手町2-6-1
事業内容 塩ビ・化成品事業半導体シリコン事業シリコーン事業、電子・機能材料事業、機能性化学品事業、加工・商事・技術サービス事業
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。