白神山地

白神山地とは

白神山地は、青森県西部から秋田県北西部にかけて広がる山地である。1993年12月に、コロンビアのカルタヘナの行われた第17回ユネスコ世界遺産委員会にて自然世界遺産に登録された。

概説

世界最大のブナ林がある『白神山地』は、今からおよそ200万年前に誕生した。その後、氷河時代を終えて、日本列島の温暖化が進んできたことによりおよそ8000年前にブナ林が誕生したと言われている。白神山地には、縄文時代より人々が暮らしており、平安時代以降も住んでいた形跡があるという説もある。今もなお、ここまでの規模でブナ林が残っている白神山地は極めて稀であり、東アジア最大級の規模である。また、様々な植物や生態系などが世界自然遺産の評価にも繋がっている。

白神山地の特徴

東アジア最大のブナ林を誇る白神山地には、多くの生き物が生息している。天然記念物である、カラスのような黒い体に真っ赤な後頭部が特徴的な『クマゲラ』は白神山地のシンボル的存在でもある。幻の鳥とも呼ばれており見つけることは非常に難しい。同じく天然記念物である『イヌワシ』、特別天然記念物であり、日本で唯一の野生のウシ科の動物である『ニホンカモシカ』、その他にも『ヤマネ』、『ニホンザル』などといった貴重な生き物が生息している。登山やトレッキングを楽しむことができるが、自然保護のため、人の手を加えておらず歩道が整備されていないので、歩く際は注意が必要である。

白神山地には観光スポットも沢山あり、最も人気の場所でもある『十二湖』は、江戸時代である1704年に起きた大地震によって、形成された湖であり、崩山から眺めると12の湖が見えることからその名がついた。十二湖ハイキングコースがあり、ブナ林に囲まれた湖沼群を楽しむことができる。(※4月中旬~11月下旬のシーズンのみ)十二湖の中でも最も人気な『青池』は、青いインクを垂らしたかのような神秘的で青い色をしている。三段の滝である『暗門の滝』は、第3の滝、第2の滝、第1の滝の順番に迫力ある滝を見ることができる。しかし、現在の暗門の滝は安全を考慮したうえでの規制がかかっている。その他にも日本の滝百選にも選ばれた県内最大級の滝、『くろくまの滝』などがある。また、白神山地の麓には『白神山地ビジターセンター』があり、白神山地について映像や展示物などで紹介しており、入場無料で楽しむことができる。

アクセス

JR弘前駅よりバス→約2時間10分
(※運行期間:6月下旬~11月上旬)

駐車場あり(無料)

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。