白川郷

白川郷・五箇山の合掌造り集落とは

白川郷・五箇山の合掌造り集落は岐阜県大野郡白川村と富山県南砺市にある合掌造りで出来た家が連なる集落群のことで1995年に世界遺産に登録されている。構成する集落は荻町集落、菅沼集落、相倉集落の3つ。

概説

世界遺産の対象となった合掌造りの家は厳密な定義がある訳ではないが、急こう配な茅葺き屋根を持つ家屋とされており、両方の集落には多くの家屋が存在する。豪雪地帯という事で交通整備が遅れたこともあり建築構造が今に至るまで残っている。まだ周辺の開発などが進む一方で保存運動が起こったことなども現存する大きな要因となった。

観光スポット・見どころ

白川郷の見どころとしては荻町集落などがあり和田家、明善寺など立派な家屋を見る事が出来る。また城山城址の展望台からは集落全体を望むことが出来る。
南砺市に関しては水田も見事な相倉集落や菅沼集落に合掌造り家屋が軒を連ねている。

アクセス

白川郷に関して言えば最寄の高山や金沢、富山さらには名古屋からもバスが出ておりアクセスが可能。
五箇山へのアクセスは高岡駅、新高岡駅や城端駅からバスが出ている他名古屋からも長距離バスが出ておりアクセスが可能。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。