昭和電工

昭和電工とは

昭和電工(しょうわでんこう)は東京都港区に本社を構える石油化学、化学品、エレクトロニクス、無機化学、アルミニウムなどの製品を扱う化学メーカー。日経平均株価の構成銘柄に名を連ねており日本を代表する化学メーカーになる。

概説

昭和電工は1908年に総房水産株式会社が設立されたことが始まりとなり、1939年に日本電気株式会社と昭和肥料株式会社が合併したことによって『昭和電工株式会社』が設立された。戦後、合成樹脂エマルジョン・不飽和ポリエステル樹脂・ビニルエステル樹脂の国産化や、日本初のアルミ缶の生産を開始するなど、高度成長と共に事業を発展していく。その後、オイルショックの影響によってアルミニウムシリンダーの製造やハードディスク事業などの、省エネルギー型製品を生産するようになる。2000年代に入るとアンモニア原料化事業や世界初の垂直磁気記録方式ハードディスクの量産を開始するようになった。現在は、無機化学と有機化学の技術の融合の推進を行っている。

会社の事業セグメントとしては前述した通り、石油化学・化学品・エレクトロニクス・無機・アルミニウム・その他の6つに分かれており、それぞれの製品に関して研究・開発を行なっている。

昭和電工は、安全で有用な製品やサービスを提供し、お客様の期待に応えることで企業価値を高めること、株主に満足していただくことで国際社会の一員としての責任を果たし、貢献することをグループ経営理念として掲げている。そして、『こころを、社会を、動かす。』を目標としており、技術を磨くことで、製品やサービスの質を上げて『こころ』を動かし、ソリューションによって『社会』を動かすことを目指している。

展開する主なサービス

石油化学
化学品
無機
アルミニウム
エレクトロニクス
その他

関連会社等

石油化学セグメント

日本ポリエチレン(株)
サンアロマー(株)
化学品セグメント
日本ポリテック(株)
昭和電工ガスプロダクツ(株)
東京液化酸素(株)
ユニオン昭和(株)
ハイパック(株)

無機セグメント

昭和電工セラミックス(株)
昭和電工研装(株)
昭和ファインセラミックス(株)

アルミニウムセグメント

昭和アルミニウム缶(株)
エレクトロニクスセグメント
昭和電工HD山形(株)
昭和電工パッケージング(株)

その他

昭光通商(株)
昭和電工建材(株)
昭和電工アルミ販売(株)
芙蓉パーライト(株)
新潟昭和(株)

会社情報

会社名 昭和電工株式会社
設立 1939年6月
本社所在地 東京都港区芝大門1-13-9
事業内容 石油化学、化学品、エレクトロニクス、無機、アルミニウム、その他
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。