シグマ

SIGMA fpとは

SIGMA fpは主に各カメラメーカーのレンズを開発・提供しているSIGMAが開発したデジタルミラーレスカメラ。2019年10月25日に発売された。なおfpの意味はfortissimo pianissimo(非常に強く・弱く)の意味。

概説

SIGMAはレンズメーカーとして多くの製品を開発しているがdpシリーズのようにカメラ自体の製造も手掛けており、fpは現在市場が過熱しているミラーレス製品であるという点に注目が集まっている。また本機はカメラメーカーであるライカ・パナソニック・シグマの3社によるLマウントアライアンスによって完成したカメラになる。とりわけfpはサイズが印象的で他社のミラーレス機よりも更に小さく、より手軽に利用できるため従来の写真・カメラ愛好家だけではなく、普段の日常のシーンでカメラを持ち出して撮影したい一般の消費者に対しても大きなアピールポイントになる。

機能・性能

SIGMA fpの最大の特徴は外形寸法112.6 × 69.9 × 45.3mmで、かつボディ単体の重さが370gというフルサイズミラーレスカメラでは世界最小のコンパクトさが挙げられる。

マウントにはLマウントが採用されており、ライカカメラ、パナソニックとLマウントアライアンスを組んでいることにより他社製のLマウントレンズを使うことが出来る。

また有効画素数は2460万画素で標準ISO感度は100-25600となり、連写性能は最高18コマ(秒)となっている。

他では約210万ドットの3.13型モニターは筐体の左半分から上を覆うように全体に配置され、タッチパネルにも対応している。

動画性能に関しては4K撮影(UHD/30p)に対応しフルHDでは120fspでの撮影が可能。また動画のRAWデータでの記録が可能となっている。

記録メディアはSDカード、SDHCカード、SDXCカード、外部SSDに対応し、充電方式としてはUSBでの充電が可能となっているため携帯用のポータブル充電器などを持ち歩くと切れた時に便利。

その他の機能

・HDR撮影
・顔/瞳優先AF機能
・Cinemagraph機能(画像と映像のハイブリッドGIFアニメーションが生成できる機能)
・フォーカスピーキング機能
など

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。