SoC

SoCとは

SoC(System on a Chip)は一つの半導体のチップ上にCPUだけではなく、GPUやメモリなど複数の要素を搭載させ連携させるシステム、あるいはそのチップのこと。

特徴

SoCはパソコンにおけるマザーボードのようなもので、パソコンとは異なりスマホではサイズや消費電力の問題から一つの半導体チップにCPUやメモリなどが集約してまとめられている。CPUとの対比としてSoCが語られる機会が多いが、内容としてはSoCはCPUなども含めた包括的なチップになるため、カテゴリーとしてはやや異なったものになる。

SoCは機能を集約することにより、効率化という点においては優れた仕組みになるが、一方で構造が複雑化することによる開発など関連コストの上昇などが課題として挙げられる。

なお、SoCはコンピューター端末の中枢であるため、各社とも現在は開発に凌ぎを削っている。また、Appleなどはそれまで採用していたIntel社製のCPUから自社のApple Siliconと呼ばれるSoCに変更することを発表している。

主なSoC

アップル(Apple):Aシリーズ
エヌビディア(NVIDIA):Tegra
クアルコム(Qualcomm):Snapdragon
サムスン(Samsung):Exynos
ハイシリコン(HiSilicon):Kirin
メディアテック(MediaTek):Helio

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。