ソダシ

ソダシとは

ソダシ(Sodashi)は日本の競走馬。白毛という珍しい毛色に加えてGIを複数勝利する能力を併せ持つことから、競馬界のみならず世間から大きな注目を集めている馬。なお馬名はサンスクリット語で輝きという意味。

競走馬としてのソダシ

ソダシは2018年の3月に北海道のノーザンファームにて同じく白毛馬であるブチコの初仔として誕生した。白毛馬ということで注目を集めた本馬は2歳になると栗東の須貝厩舎に所属してトレーニングを積むことになる。

デビューは2020年7月12日に函館競馬場で行われた2歳新馬(芝1800m)で、3番人気の評価を覆し見事に優勝を果たす。続けて2戦目の札幌2歳Sでは2番人気に支持され、このレースでもレコードタイムで勝利する。
なおこの勝利は白毛馬として初めて芝の重賞レースでの勝利となった。

3戦目のアルテミスステークスでは前走のパフォーマンスが評価され1番人気に支持され、それに見事応えて勝利する。この結果からソダシには12月に行われる阪神JFでの白毛馬として初めてのGI勝利が期待されるようになった。その阪神JFでは引き続き一番人気に支持され、レースにおいても4コーナーから先頭を射程圏に入れ直線抜け出すという正攻法で勝利を果たす。なお、この勝利は史上初となる白毛馬によるGI勝利となった。

3歳となったソダシはトライアルを使わずに桜花賞への直行を選択し冬場を休養とトレーニングに充てることになった。
白毛馬によるクラシック競争の期待を背に本番の桜花賞では前走でハナ差の接戦を演じたサトノレイナスと人気を分け合いソダシは最終的には二番人気となる。
レースはよどみの無いハイペースとなるがスタート直後から先団に取りついたソダシは最後の直線で抜け出し後続を完封して優勝を果たす。なおこのレースのタイムは1分31秒1となり、従来のレースレコード(グランアレグリアの記録した1.32.7)やコースレコード(ブラックムーンの記録した1.31.9)を大幅に更新することになった。

ソダシの血統

クロフネ フレンチデピュティ
ブルーアヴェニュー
ブチコ キングカメハメハ
シラユキヒメ

ソダシの競走馬成績

レース名 着順
2歳新馬 1着(吉田隼人)
札幌2歳S(GIII) 1着(吉田隼人)
アルテミスS(GIII) 1着(吉田隼人)
阪神JF(GI) 1着(吉田隼人)
桜花賞(GI) 1着(吉田隼人)

競走馬情報

生年月日 2018年3月8日
性別 牝馬
毛色 白毛
通算成績 5戦5勝
主な勝ち鞍 桜花賞、阪神JF
所属厩舎 須貝尚介(栗東)
生産者 ノーザンファーム
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。