スポーツフィッシング

スポーツフィッシングとは

スポーツフィッシングとは魚との駆け引きや釣る事を目的とした釣りのスタイルのこと。釣った後は逃がす(キャッチ・アンド・リリース)を行う事が一般的。

釣りは余暇を楽しむものであり、釣れた魚を料理して楽しむといった側面もあるが、近年、釣りの分野でもスポーツとして楽しむのがスポーツフィッシングと呼ばれるジャンルである。

スポーツフィッシングの特徴

スポーツフィッシングにおいては、より大きな対象魚をルールを定め、規格の範囲内の道具を駆使し、釣り人の技量を競い合うもので、主にI.G.F.A(International Game Fish Association)が糸の強さを基準に規格を定め、魚種毎の世界記録を認定している。
このI.G.F.Aの規格に則り、世界中で行われる釣り競技会で各々使用できる道具の規格を定め、ルールの範囲内で釣れる魚の大きさや、数、またその総重量を競っている。
また、国によっては恵まれた自然環境を利用し、資源保護に努めながら観光資源にしている国もある。つまり、魚を殺したり水から揚げなければ釣って楽しむのは構わないが、大物が釣れたり、食べるために確保する魚は数を限定しているというものだ。

日本では漁業者の権利補償が厳格に決められているため、漁業と遊漁の範囲が明確に分かれている。更に、国土の周囲が海で囲まれていて、しかも淡水域も豊富にあり、昔から魚を釣ることにルールを定めるという風土が根付きにくい国でもある。
一方、ルアーフィッシングやフライフィッシングといった、よりゲーム性、趣味性の強い釣り方が外国から輸入されることで、釣りには食べる為の行為以外の楽しみが存在していることが、広く日本国内に普及してきた。
この点が従来の釣りと最大の違いと言える。つまりスポーツフィッシングは、上記のI.G.F.A規格に準じたルールでより大きな魚を釣ることに加え、自然界と人間との間のルールという面も持ち合わせている。それが、キャッチアンドリリースであり、釣り場にゴミを残さないといった点だ。例えば、多くの釣り人が訪れる釣り場に見られるが、ゴミを放置したり、釣り餌で汚れても洗い流さないで帰る人が多く、釣り環境を大切にするといった観念が薄いのも日本人の特徴と言える。また実際に、釣り人が原因で環境破壊につながったり、住民とのトラブルが絶えなかったり、車の乗り入れが禁止されている場所に入り込み、立ち入りが禁止された釣り場も多い。
つまり、スポーツフィッシングにはそれら広い意味で釣り人のマナー向上の側面もある。

スポーツフィッシングの種類

日本国内においてはブラックバスを対象にした競技会が日本各地で開催されていることに加え、カジキマグロの大物を狙う大会が催されたり、ハイキングやトレッキングを行いながら山間部の河川を釣り歩いたり、ということが一般的だ。
海外では更に規模が大きくなり、多くの釣具メーカーやアウトドア用品メーカーが協賛して、高額な賞金が設定されたり、メディアを利用して大々的に、スポーツとしての普及が図られている。また、釣り場ではガイド体制が完備されている場所が多く、様々な選択肢が生まれている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。