スプリンターズS

スプリンターズステークスとは

スプリンターズステークスは日本中央競馬会(JRA)が開催するGIレースの一つで、同じく1200mの距離で行われる高松宮記念と並び日本の単距離王者を決するGI競走。

概説

スプリンターズステークスは1967年に創設され当初はG3競走だったが単距離の重要性が認識され始めた時代背景もあり1990年にG1競走に格上げされることになった。またそうした背景からかレースは国際化に向けて門戸を開いて1994年に国際競争となっており、外国馬が出走可能になったほか、翌1995年には地方馬も参加が可能となっている。時期に関しては以前までは12月に実施されていたが、レーシングプログラムの変更に伴い、現在では秋に実施されている。

レースの舞台となる中山競馬場は直線の距離が短いものの最後の直線に大きな坂がある事からゴール寸前まで目が離せない展開が多い。スプリンターズSもそうした傾向を受け継いでおり、逃げ先行馬が押し切る事もあれば最後の最後に捕まるケースもある。

優先出走権

スプリンターズSは以下のレースにおいてJRA所属の馬は1着以内、地方競馬所属の馬は2着以内に入着した場合に優先出走権を与えている。
・キーンランドカップ
・セントウルステークス

歴代優勝馬

優勝馬
1967年 オンワードヒル(牧野三雄)
1968年 スズハヤテ(増田久)
1969年 タケシバオー(吉永正人)
1970年 タマミ(中島啓之)
1971年 ケンサチオー(藤本勝彦)
1972年 ノボルトウコウ(森安重勝)
1973年 キョウエイグリーン(東信二)
1974年 サクライワイ(小島太)
1975年 サクライワイ(小島太)
1976年 ジャンボキング(的場均)
1977年 メイワキミコ(増沢末夫)
1978年 メイワキミコ(増沢末夫)
1979年 サニーフラワー(岡部幸雄)
1980年 サクラゴッド(小島太)
1981年 サクラシンゲキ(東信二)
1982年 ブロケード(柴田政人)
1983年 シンウルフ(飯田明弘)
1984年 ハッピープログレス(飯田明弘)
1985年 マルタカストーム(菅原泰夫)
1986年 ドウカンテスコ(田村正光)
1987年 キングフローリック(田村正光)
1988年 ダイナアクトレス(的場均)
1989年 ウィニングスマイル(田村正光)
1990年 バンブーメモリー(武豊)
1991年 ダイイチルビー(河内洋)
1992年 ニシノフラワー(河内洋)
1993年 サクラバクシンオー(小島太)
1994年 サクラバクシンオー(小島太)
1995年 ヒシアケボノ(角田晃一)
1996年 フラワーパーク(田原成貴)
1997年 タイキシャトル(岡部幸雄)
1998年 マイネルラヴ(吉田豊)
1999年 ブラックホーク(横山典弘)
2000年 ダイタクヤマト(江田照男)
2001年 トロットスター(蛯名正義)
2002年 ビリーヴ(武豊)
2003年 デュランダル(池添謙一)
2004年 カルストンライトオ(大西直宏)
2005年 サイレントウィットネス(F.コーツィー)
2006年 テイクオーバーターゲット(J.フォード)
2007年 アストンマーチャン(中舘英二)
2008年 スリープレスナイト(上村洋行)
2009年 ローレルゲレイロ(藤田伸二)
2010年 ウルトラファンタジー(黎海栄)
2011年 カレンチャン(池添謙一)
2012年 ロードカナロア(岩田康誠)
2013年 ロードカナロア(岩田康誠)
2014年 スノードラゴン(大野拓弥)
2015年 ストレイトガール(戸崎圭太)
2016年 レッドファルクス(M.デムーロ)
2017年 レッドファルクス(M.デムーロ)
2018年 ファインニードル(川田将雅)
2019年 タワーオブロンドン(C.ルメール)
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。