ステルスマーケティング

ステルスマーケティングとは

ステルスマーケティング(Stealth Marketing)は金銭や成果に対するインセンティブ等を目的として作成された宣伝用のコンテンツであるにも関わらず、その事実を伏せて宣伝広告を行う事を指す。ステマと略して呼ばれる事もある。

概説

ステルスマーケティングは古くからある宣伝手法の一つで、行列などをわざと作らせて人気店である事を周知させるサクラなどの手法から、現代では口コミなどを利用し良い評価を多数投稿するなどのケースもある。
ただし一般的に用いられるステルスマーケティングの手法としては有名人などを広告塔に起用し良い物であると喧伝してもらう手法が多く、過去にはのちに犯罪事件にまで発展する案件の広告を大手メディアが掲載していたとして問題になった事もある。
上記のようなステルスマーケティングは現在では紙媒体からウェブまで様々な領域において存在しており、近年ではSNSなどで影響を発揮しているインフルエンサーを起用して行われる事も多い。

またステルスマーケティングは直接商品を宣伝するタイプの形式から、口コミやコメントなどで好意的なメッセージを多く残し表示させることで行う事例もある。この手法は他の多くの情報と混在するため、より判別しづらくステマかどうかを突き止めることも難しい。ただし、他のプラットフォームを利用した手法はそのプラットフォームを運営する事業会社に状況は筒抜けになってしまうため、ユーザーの指摘とは別の経路で判明することもある。

ステルスマーケティングは購買に対する訴求力が強く発揮され、売り上げの向上が見込める一方で、その行為が発覚した場合は発注したあるいは実行した組織が大きな非難を浴びることになり、信頼の低下は免れられずリスクは非常に高い。また個人では無く同業他社などに手法を見抜かれて告発される危険性も高い。

取り分けSNSなどで情報の発信や共有が近年では容易になっており、ステルスマーケティングは直ぐに見抜かれる可能性が高い。さらに拡散されることも容易であるため騒動になり、最終的には広告主・媒体ともに大きな社会的制裁を受けるという状況も十分に想定されるため、行ってはならない行為にあたる。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。