ビート

てん菜とは

てん菜(てんさい)は砂糖の原料となるヒユ科の植物で、日本においては主に北海道などで生産されている。ビートやサトウダイコンと呼ぶこともある。

概説

てん菜は紀元前よりも栽培されていた植物で、主に葉を食用としていたとされる。18世紀にてん菜から砂糖を抽出することが出来るようになり、その後あらゆる国や企業が工場を建設して砂糖を製造するようになった。
日本においては1879年に北海道に工場が建設され製造が開始されると、寒冷に強いという特性もあり、てん菜の栽培事業も北海道で広く行われることになっている。

特徴

てん菜は葉と根の部分によって形作られた植物で、形状としては大根に似ているため前述したサトウダイコンと呼ばれることがある。ただし大根とは品種が全く異なるため、てん菜と大根は単に形が似ているだけである。

砂糖の抽出方法としては根の部分を絞って出る汁を煮詰めることで砂糖を抽出する。この際に抽出された糖は甜菜糖やビート糖と呼ばれ商品としても販売されている。
大きさに関しては大きいものでは3kgにもなるため、一つ一つの収穫には専用の収穫機械を用いて収穫されている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。