すき家

すき家とは

すき家は牛丼を中心とした飲食を提供するチェーン店で株式会社ゼンショーホールディングスの子会社である、株式会社すき家が運営している。日本国内の店舗数は2000店近くあり、店舗数の多さから国内では吉野家、松屋などと並ぶ規模の牛丼チェーン店になる。また近年では中国やタイなど海外への出店にも成功しているなど、国内外で活動する日本を代表する外食チェーン店の1つ。

概説

すき家は1982年6月に横浜で工場併設の本社を併設する所から始まりゼンショーが手掛けた始めの店舗はランチボックスという名前の弁当屋であった。その約半年後である1982年11月にすき家を神奈川県にある生麦駅前にオープンした。その後は吉野家を始めとする牛丼チェーンブームの後押しやデフレ経済の波に乗り低価格の飲食店として勢力を拡大している。

なお、現在は管理会社であるゼンショーホールディングスは東京証券取引所にも上場しており、近年では海外事業などについても積極的に行っている。ちなみに、同じ牛丼のチェーン店であるなか卯を展開している株式会社なか卯はすき家と同じくゼンショーホールディングスの連結子会社である。

特徴

すき家の主力商品は牛丼とカレーになり、特に牛丼はすき家の看板メニューになる。大手牛丼チェーンの中ですき家が他店舗と大きく異なるのはさまざまなトッピングメニューの存在が挙げられる。

例えば定番トッピングのキムチ牛丼や、おろしポン酢牛丼はもちろんのこと、高菜明太マヨ牛丼や、かつぶしオクラ牛丼など、すき家でなければ食べられないようなアレンジの利いた牛丼メニューが、そのまますき家の強みになっており、トッピングメニューのファンがすき家を支えている一面は大きい。他では糖質を抑えたライトメニューの存在や鉄火丼などの海鮮メニューの存在も同業他社にはないメニューとなっている。
また、その傾向はカレーメニューにおいても同様で、チーズカレーや温玉カレーやオクラカレーなどバリエーション豊富なメニューが存在している。

なお、すき家で提供されている料理の種別としては以下の通りとなっている

牛丼
牛カルビ
うなぎ
牛すき
豚生姜焼き丼
カレー
海鮮・丼
定食
朝食
お子様向けメニュー
サイドメニュー
デザート・ドリンク

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。