SUV

SUVとは

SUVはアメリカが発祥の自動車のカテゴリー名で元々はジープやピックアップトラックをベースにした車のこと。日本では「スポーツ用多目的車」という位置付けをされている。主にオフロードを走破可能な4WD車として広く認識されている。ただしSUVの明確な定義は現在のところ存在しない。

概説

現在のSUVの出発点となったのが、1946年発売のウィリス・ジープ・ステーションワゴンといわれている。
見た目はジープの影響を強く残している。ジープの特徴である悪路やオフロードでの高い走破性やアウトドアにも対応できる万能性が現在のSUVにも引き継がれている。その後、1960年頃のアメリカでピックアップトラックとオフロードカーという2つのカテゴリーからいよいよSUV車が派生することになる。

ピックアップトラックではインターナショナルハーヴェスターのスカウト、オフロードカーではジープCJシリーズがそれぞれSUV市場を発展させる。さらに1960年代の中期から1970年頃になるとフォードのブロンコやシボレーのブレイザー、またイギリスではランドローバーレンジローバーが誕生し、欧米ではSUVブームが起こることになる。

日本では、1980年代頃から三菱のパジェロ、トヨタのハイラックスサーフ等が発売されSUVが広く知れ渡るようになる。

SUVの特徴

SUVはそのボディデザインから様々な特徴がある。元々ジープがSUVの出発点であったことから、悪路やオフロードに強く、他の車が行けないような場所でも走行することが可能。またSUVは車高が高い事から、当然ドライバーのアイポイントも高く、遠くや左右が良く見え安全に運転しやすいというメリットがある。
SUVは大人数での移動や荷物を多く運べるので、サマー&ウィンタースポーツ、アウトドアなど各種レジャーに対応できる。SUVにはボディサイズが3サイズある。小さい順にコンパクトSUV、ミドルサイズSUV、フルサイズSUVがある。そのため用途や目的に応じたサイズが選べる。

最近のSUVはスポーツ系のイメージだけでなく、セダンやミニバンに対抗できるほどのステータスイメージを持つモデルも増えてきている。現在世界的なSUVブームであることから様々なメーカーからSUVが発売されている。これまで全くSUVとは無縁だったベントレー、アルファロメオ、ランボルギーニなどの高級欧州ブランドからもSUVがリリースされている。

またSUVは重量が重いことや車高が高く空気抵抗を受けやすいことから、一般的に燃費が悪い車が多い。さらにボディが大きいことから、事故の時に相手車に対して大きなダメージを与える可能性があり、一般的に任意保険料は高い傾向にある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。