タッチアップ

タッチアップとは

タッチアップとは野球においてフライなどが上がった際に、守備側がボールを捕球した時点でランナーが次の塁を狙うことが出来るルールのこと。なお正式名称はタグアップ(Tag up)と言いタッチアップは和製英語になる。

概説

タッチアップは主にランナーが2塁または3塁にいる際に行われる。1塁においてもタッチアップを試みる機会はあるが、成功する可能性が低いため積極的には行われない。
またタッチアップは基本的に外野フライが飛んだ際に行われることがあり、内野フライで実施されることは稀になる。

これらの理由としては次の塁までの距離がタッチアップを成功させる上で重要になっており、外野フライの場合は3塁または本塁までの距離が長く、遠投をしても時間を要してしまうためランナーは次の塁が狙いやすい。特に3塁を狙う場合はライトフライが一番距離が離れているため試みることが多い。

また、タッチアップを行うことで、ヒットを一本も打たずとも得点を獲得することも出来るため一点を争うような試合状況や、相手投手に歯が立たないような状況でも有効な戦法となっている。

なお、タッチアップを行えるタイミングとしては野手がボールに触れた時点となり、仮に野手が一旦ファンブルしてすぐに捕球したとしても、ファンブルした時点でランナーはスタートを切ることが出来る。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。