大成建設

大成建設とは

大成建設(たいせいけんせつ)は、東京都新宿区西新宿に本社を構える大手の総合建設会社である。清水建設や大林組などと並ぶいわゆるスーパーゼネコンの一角を占める企業で日経平均株価指数構成銘柄にも選ばれている。

概説

大成建設は、1873年に大倉喜八郎によって『大倉組商会』を設立したことが始まりである。1887年に、大成建設の前身となる国内初の建設業法人『有限責任日本土木会社』を設立したが、1892年に解散。その事業を大倉土木組に継承し、1917年に初の建設業株式会社となる『株式会社大倉土木組』を設立。その後、日本土木株式会社に改称されるが、1946年に現在の『大成建設株式会社』に改称された。社名の由来は、集大成の意味を持っている。現在は、国内営業所は45か所、海外では台北やシンガポール、ジャカルタなどにも拠点を置いている。

大成建設グループでは、塗装や設備の工事、マンション建設などを行う『建設関連事業』、ビルマンション管理、不動産売買などを行う『不動産・開発事業』などを中心に展開している。長い歴史の中で北海道庁本庁舎や浅草寺風神雷神門、札幌ドーム、大阪城ホールその他多数の建築に携わり、近年では、東京オリンピックに向けての新国立競技場や気仙沼市魚市場の施工を行っている。

大成建設のグループ理念は、『人がいきいきとする環境を創造する』であり、自然と調和しながら安全で安心できる空間や価値を生み出すことを理念としている。また、グループ理念を追求することを目的に、グループの役職員は大成スピリットの『自由闊達・価値創造・伝統進化』を掲げている。

展開する主なサービス

建築・建設
開発・企画
機械・器具
保安・警備
不動産
ソフトウェア開発
金融
損保
労働者派遣

関連会社等

主なグループ企業

大成ロテック(株)
大成ユーレック(株)
大成設備(株)
大成建設ハウジング(株)
成和リニューアルワークス(株)
大成有楽不動産(株)
大成有楽不動産販売(株)
シンボルタワー開発(株)
北軽井沢開発(株) 軽井沢高原ゴルフ倶楽部
(株)ホテルプリシード郡山

会社情報

会社名 大成建設株式会社
設立 (創業)1873年10月(設立)1917年12月28日
本社所在地 (本店)東京都新宿区西新宿一丁目25番1号 新宿センタービル
事業内容 国内外の建築・土木の設計・施工、環境、エンジニアリング、原子力、都市開発、不動産、他
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。