宝塚記念

宝塚記念とは

宝塚記念(たからづかきねん)とは日本中央競馬会(JRA)が開催するGIレースの一つで、初夏の時期に行われる春の総決算となるGIレース。冬に行われる有馬記念同様にファン投票で出走馬が選出される。

概説

宝塚記念は阪神競馬場の2200mという距離で行われるため、どちらかと言えばスピードタイプの馬も多く参戦して来るため、スピードの能力値も要求されるレース。特に古馬の王道路線である天皇賞・春などをステップにする馬はスタミナを売りにした競走馬も少なくないため、どちらが制するのかは見どころの一つになる。

出走資格を持つ馬に関して言えば2歳馬を除き、牡馬、牝馬、せん馬や地方競馬所属馬、または外国馬も出走することが可能で、JRA所属馬に関してはファン投票を行い10位までに入れば出走の権利を得る事が可能。それ以下の馬は獲得賞金順に出走資格を得る事が出来る。

なお、第一回の宝塚記念は1960年から始まり距離は1800mで行われていた。その後第二回から第六回までは2000mで、第7回に2200m戦になってからは現在まで同距離で開催されている。開催競馬場は基本的には阪神競馬場で行われているが、震災や改修などにともない中京競馬場京都競馬場で行われる事もあった。

歴代優勝馬

開催年 優勝馬
1960年 ホマレーヒロ(牡4)
1961年 シーザー(牡4)
1962年 コダマ(牡5)
1963年 リユウフオーレル(牡4)
1964年 ヒカルポーラ(牡5)
1965年 シンザン(牡4)
1966年 エイトクラウン(牝4)
1967年 タイヨウ(牡4)
1968年 ヒカルタカイ(牡4)
1969年 ダテホーライ(牡4)
1970年 スピードシンボリ(牡7)
1971年 メジロムサシ(牡4)
1972年 ショウフウミドリ(牡6)
1973年 ハマノパレード(牡4)
1974年 ハイセイコー(牡4)
1975年 ナオキ(牡6)
1976年 フジノパーシア(牡5)
1977年 トウショウボーイ(牡4)
1978年 エリモジョージ(牡6)
1979年 サクラショウリ(牡4)
1980年 テルテンリュウ(牡4)
1981年 カツアール(牡5)
1982年 モンテプリンス(牡5)
1983年 ハギノカムイオー(牡4)
1984年 カツラギエース(牡4)
1985年 スズカコバン(牡5)
1986年 パーシャンボーイ(牡4)
1987年 スズパレード(牡6)
1988年 タマモクロス(牡4)
1989年 イナリワン(牡5)
1990年 オサイチジョージ(牡4)
1991年 メジロライアン(牡4)
1992年 メジロパーマー(牡5)
1993年 メジロマックイーン(牡6)
1994年 ビワハヤヒデ(牡4)
1995年 ダンツシアトル(牡5)
1996年 マヤノトップガン(牡4)
1997年 マーベラスサンデー(牡5)
1998年 サイレンススズカ(牡4)
1999年 グラスワンダー(牡4)
2000年 テイエムオペラオー(牡4)
2001年 メイショウドトウ(牡5)
2002年 ダンツフレーム(牡4)
2003年 ヒシミラクル(牡4)
2004年 タップダンスシチー(牡7)
2005年 スイープトウショウ(牝4)
2006年 ディープインパクト(牡4)
2007年 アドマイヤムーン(牡4)
2008年 エイシンデピュティ(牡6)
2009年 ドリームジャーニー(牡5)
2010年 ナカヤマフェスタ(牡4)
2011年 アーネストリー(牡6)
2012年 オルフェーヴル(牡4)
2013年 ゴールドシップ(牡4)
2014年 ゴールドシップ(牡5)
2015年 ラブリーデイ(牡5)
2016年 マリアライト(牝5)
2017年 サトノクラウン(牡5)
2018年 ミッキーロケット(牡5)
2019年 リスグラシュー(牝5)
2020年 クロノジェネシス(牝4)
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。