テクニカル分析

テクニカル分析とは

テクニカル分析は株や為替、商品先物などの価格をチャートを基準に分析する手法のこと。対外的な要因を分析するファンダメンタルズ分析とは異なり、あくまでも過去の動きや出来高などチャートから将来の価格を予想する分析手法となる。金融商品の相場予想においては大まかに言えばこのテクニカル分析か前述したファンダメンタルズ分析の2つに大別されている。

概説

テクニカル分析は外的要素を排除しチャートの形や流れを過去の動きなども参考に入れ予想し取引を行う。この分析手法が受け入れられている背景には、価格は過去の実績や売上等から決定されるとする考えや、人(あるいは大衆)の心理には一定の規則性があり、その動きを視覚化し予想すれば良いとする考えがある事が挙げられる。

但し、テクニカル分析に関しては否定的な意見も多く、根拠がないとする人も多い。また以下のようにテクニカル分析においても用いる種類は多数あり、それぞれ自身のトレードスタイルに応じてどれを使用するか(あるいは単純に好きか)など取捨選択をして利用していることが多い。

主なテクニカル分析手法

現在多く活用されている主なテクニカル分析手法は以下の通り

・エンベローブ
・モメンタム
・ROC
・ダウ理論
・エリオット波動
・アルーン
・デナポリ
・ピボット
・フィボナッチ

主なテクニカル指標

現在多く活用されている主なテクニカル指標は以下の通り

移動平均
MACD
DMI
ボリンジャーバンド
モメンタム
ROC

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。