テクノフィリア

テクノフィリアとは

テクノフィリア(Technophilia)とは科学技術を意味するtech(technology)とギリシア語で偏愛を意味するphiliaを組み合わせた造語。主にテクノロジーに対する熱狂的な支持者のことを指す言葉。

概説

テクノフィリアはITの影響力が増大した現代において、社会に与える影響などを考察する際に言及される用語。また、インターネットやそれに関連する技術、情報を扱うスマートフォン、あるいはWebサービスやアプリケーション、IoTに関する技術などを積極的に肯定し、採用する人のこと。
テクノフォリアはテクノロジーの進化に強い興味関心が存在し、それらが生み出す社会に与える影響は気にしないといったスタンスを取ることが多い。

テクノフォリアの思考の根底として考えられる点としては、技術決定論と呼ばれる技術の革新によって社会構造に変化が起こるとする考え方が挙げられる。そのため、技術決定論が社会自体が新たな技術をどのように扱うか決定するという社会決定論としばしば対立する事と同じく、テクノフォリアも社会決定論に対して対抗的なスタンスを取る傾向がある。また、ポストモダンのように近代主義・進歩主義を否定し、脱機能、脱構築を掲げる思想とも対立することがある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。