天皇賞(春)(競馬)

天皇賞(春)とは

天皇賞(春)とは日本中央競馬会(JRA)が開催するGIレースの一つで、毎年春に行われる長距離戦のGIレース。春天の略称で呼ばれることもある。

概説

天皇賞(春)は1938年に第一回の競争が行われ第一回目は距離が芝2700mで場所は阪神競馬場で行われた。また名称に関しても当時は帝室御賞典の名で執り行われていた。翌年の1939年からは現在と同じ距離である芝3200mで行われている。なお、競馬場は6回目となる1943年のレースまで阪神競馬場、1944年以後は現在と同じく京都競馬場で行われている。

ちなみに天皇賞自体は一年の間に春と秋の二回が行われ、最初に行われたのは1938年の前年1937年の秋に行われた天皇賞(秋)になる。
その後、1944年に中断し1947年より再開されこの年より名称が天皇賞となっている。

特徴

天皇賞(春)は古馬の最高峰となるレースで、天皇賞(秋)のように3歳馬は出走出来ず、出走可能な馬齢は4歳からとなっている。また地方所属馬や海外調教馬も出走は可能。

レースが行われる京都競馬場の3200m戦は平地のGIとしては最長距離となっており、スタミナが求められる。また前年の同レース出走馬を除けばほとんどの競走馬が経験をしたことのない距離となる。基本的には長距離が得意な馬が活躍することが多いが、近年ではレースがスローペースで流れることもあり、以前よりも距離適性は問われないという見方もある。

ステップレースとしては上位入着馬に優先出走権が得られる阪神大賞典や大阪杯、あるいは中山競馬場で開催される日経賞を使ってから向かうケースが多い。

歴代優勝馬

開催年 優勝馬 勝ちタイム 騎手 調教師
1938 (牡5)ハセパーク 2:53 1/5 金者斤奉
1939 (牡4)スゲヌマ 3:31 0/5 伊藤正四郎 小山内重蔵
1940 (牡4)トキノチカラ 3:25 2/5 岩下密政 田中和一郎
1941 (牡5)マルタケ 3:25 4/5 清水茂次
1942 (牡4)ミナミモア 3:25 1/5 佐藤邦雄 東原玉造
1943 (牡4)グランドライト 3:28 1/5 阿部正太郎 田中和一郎
1944 (牡4)ヒロサクラ 3:29 0/5 渋川久作
1947 (牡4)オーライト 3:34 1/5 元石正雄 伊藤勝吉
1948 (牡4)シーマー 3:25 3/5 長浜彦三郎 新堂捨蔵
1949 (牡4)ミハルオー 3:26 3/5 土門健司 久保田金造
1950 (牡4)オーエンス 3:34 3/5 土門健司 松田由太郎
1951 (牡4)タカクラヤマ 3:24 3/5 橋田俊三 伊藤正四郎
1952 (牡4)ミツハタ 3:23 1/5 渡辺正人 矢野幸夫
1953 (牝4)レダ 3:24 2/5 佐藤勇 武田文吾
1954 (牡4)ハクリヨウ 3:24 2/5 保田隆芳 尾形藤吉
1955 (牡4)タカオー 3:22 3/5 古山良司 上村大治郎
1956 (牡4)メイヂヒカリ 3:22 3/5 蛯名武五郎 藤本冨良
1957 (牡4)キタノオー 3:21 3/5 勝尾竹男 久保田金造
1958 (牡4)オンワードゼア 3:23 4/5 野平好男 二本柳俊夫
1959 (牡4)トサオー 3:23 1/5 野平祐二 松山吉三郎
1960 (牡5)クリペロ 3:25.0 保田隆芳 尾形藤吉
1961 (牡4)ヤマニンモアー 3:22.6 浅見国一 藤本冨良
1962 (牡5)オンスロート 3:27.6 山岡忞 中村広
1963 (牡4)コレヒサ 3:22.5 森安重勝 尾形藤吉
1964 (牡5)ヒカルポーラ 3:26.8 高橋成忠 佐藤勇
1965 (牡5)アサホコ 3:27.1 加賀武見 藤本冨良
1966 (牡5)ハクズイコウ 3:19.4 保田隆芳 尾形藤吉
1967 (牡4)スピードシンボリ 3:24.2 野平祐二 野平富久
1968 (牡4)ヒカルタカイ 3:24.6 野平祐二 藤本冨良
1969 (牡4)タケシバオー 3:29.1 古山良司 三井末太郎
1970 (牡4)リキエイカン 3:25.8 高橋成忠 柏谷富衛
1971 (牡4)メジロムサシ 3:33.5 横山富雄 大久保末吉
1972 (牡4)ベルワイド 3:20.4 加賀武見 阿部正太郎
1973 (牡4)タイテエム 3:25.0 須貝彦三 橋田俊三
1974 (牡4)タケホープ 3:22.6 嶋田功 稲葉幸夫
1975 (牡5)イチフジイサミ 3:22.1 郷原洋行 松永光雄
1976 (牡4)エリモジョージ 3:27.4 福永洋一 大久保正陽
1977 (牡4)テンポイント 3:21.7 鹿戸明 小川佐助
1978 (牡5)グリーングラス 3:20.8 岡部幸雄 中野隆良
1979 (牡6)カシュウチカラ 3:20.2 郷原洋行 矢倉玉男
1980 (牡4)ニチドウタロー 3:18.7 村本善之 坂田正行
1981 (牡5)カツラノハイセイコ 3:20.6 河内洋 庄野穂積
1982 (牡5)モンテプリンス 3:19.2 吉永正人 松山吉三郎
1983 (牡6)アンバーシャダイ 3:22.3 加藤和宏 二本柳俊夫
1984 (牡6)モンテファスト 3:22.3 吉永正人 松山吉三郎
1985 (牡4)シンボリルドルフ 3:20.4 岡部幸雄 野平祐二
1986 (牡4)クシロキング 3:25.4 岡部幸雄 中野隆良
1987 (牡5)ミホシンザン 3:20.4 柴田政人 田中朋次郎
1988 (牡4)タマモクロス 3:21.8 南井克巳 小原伊佐美
1989 (牡5)イナリワン 3:18.8 武豊 鈴木清
1990 (牡5)スーパークリーク 3:21.9 武豊 伊藤修司
1991 (牡4)メジロマックイーン 3:18.8 武豊 池江泰郎
1992 (牡5)メジロマックイーン 3:20.0 武豊 池江泰郎
1993 (牡4)ライスシャワー 3:17.1 的場均 飯塚好次
1994 (牡4)ビワハヤヒデ 3:22.6 岡部幸雄 浜田光正
1995 (牡6)ライスシャワー 3:19.9 的場均 飯塚好次
1996 (牡5)サクラローレル 3:17.8 横山典弘 境勝太郎
1997 (牡5)マヤノトップガン 3:14.4 田原成貴 坂口正大
1998 (牡4)メジロブライト 3:23.6 河内洋 浅見秀一
1999 (牡4)スペシャルウィーク 3:15.3 武豊 白井寿昭
2000 (牡4)テイエムオペラオー 3:17.6 和田竜二 岩元市三
2001 (牡5)テイエムオペラオー 3:16.2 和田竜二 岩元市三
2002 (牡4)マンハッタンカフェ 3:19.5 蛯名正義 小島太
2003 (牡4)ヒシミラクル 3:17.0 角田晃一 佐山優
2004 (牡5)イングランディーレ 3:18.4 横山典弘 清水美波
2005 (牡4)スズカマンボ 3:16.5 安藤勝己 橋田満
2006 (牡4)ディープインパクト 3:13.4 武豊 池江泰郎
2007 (牡4)メイショウサムソン 3:14.1 石橋守 高橋成忠
2008 (牡5)アドマイヤジュピタ 3:15.1 岩田康誠 友道康夫
2009 (牡6)マイネルキッツ 3:14.4 松岡正海 国枝栄
2010 (牡6)ジャガーメイル 3:15.7 C.ウィリアムズ 堀宣行
2011 (牡4)ヒルノダムール 3:20.6 藤田伸二 昆貢
2012 (牡5)ビートブラック 3:13.8 石橋脩 中村均
2013 (牡4)フェノーメノ 3:14.2 蛯名正義 戸田博文
2014 (牡5)フェノーメノ 3:15.1 蛯名正義 戸田博文
2015 (牡6)ゴールドシップ 3:14.7 横山典弘 須貝尚介
2016 (牡4)キタサンブラック 3:15.3 武豊 清水久詞
2017 (牡5)キタサンブラック 3:12.5 武豊 清水久詞
2018 (牡5)レインボーライン 3:16.2 岩田康誠 浅見秀一
2019 (牡4)フィエールマン 3:15.0 C.ルメール 手塚貴久
2020 (牡5)フィエールマン 3:16.5 C.ルメール 手塚貴久
2021 (牡5)ワールドプレミア 3:14.7 福永祐一 友道康夫
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。

コメントを残す