テザー

Tetherとは

Tether(以下、テザー)は2014年にローンチされたアメリカドルとペッグしながら発行されている暗号資産(仮想通貨)。1テザーの価格は1米ドルと同等になるように調整されており、価格変動が大きい暗号資産取引において、退避先の通貨として投資家から人気を集めている。
このような法定通貨(米ドルや日本円など中央銀行が発行した通貨)と価格が連動した暗号資産の事はステーブルコインと呼ばれ近年ではリスクヘッジのため注目を集めている。

テザーの特徴

テザーの最大の特徴としては前述した法定通貨と価格がペッグした通貨である事が挙げられるが、技術的な側面で言えばテザーはオリジナルのブロックチェーンを使用してはおらず、ローンチした当初はビットコイン・ブロックチェーンベースのオムニレイヤーで作成されており、その後ERC20と呼ばれるイーサリアムプラットフォームでの規格に基づいて発行されブロックチェーン上に存在している。

取り扱いに関して言えばテザーは日本の暗号資産(仮想通貨)取引所では扱っておらず、利用するためには海外の暗号資産取引所または分散型取引所(DAX)と呼ばれる個人で保有するウォレットと連動させたオンライン上の暗号資産取引所を利用する必要がある。

但し、海外の暗号資産取引所および分散型取引所は日本の金融庁が定める暗号資産交換業の登録を行っておらず、また取引所側も日本人ユーザーの取引を停止している所が殆どになるため現状日本在住者がテザーを扱う事は出来ない。

また暗号資産取引量が大きいアメリカにおいても個人・法人を問わず顧客サービスの提供が完全に停止されており、米国の暗号資産取引所でも日本同様取扱いは無い。

テザーに関する疑惑

テザーは管理・運営するテザー社が所在地や運営体制が不明瞭である点や、またペッグ通貨としながらもテザー社は発行した分のUSDT相当額のアメリカドルを保有していないのではという疑惑もあり、テザーを巡る話は暗号資産の世界でしばしばニュースになる。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。