ティファニー

ティファニーとは

ティファニー(Tiffany & Co.)はアメリカのニューヨークに本拠地を構える宝石およびファッションブランドを提供する会社、ブランド名。

概説

ティファニーは1837年にチャールズ・ルイス・ティファニーとジョン・バーネット・ヤングが、前身の会社である「ティファニー・アンド・ヤング」という会社を設立したところから始まる。当初はアメリカで文房具屋ファンシーグッズを販売していたが、その後値札による定額販売を始め、値引きに応じないという斬新なスタイルを取り入れた。

1848年にフランスで二月革命が起こったことを契機として、貴族から流れてきた宝石を買い付けることに成功し、以降は宝石事業によってアメリカでも宝石商として活躍をしていく。
その後1853年には会社名を現在の「ティファニー&カンパニー Tiffany & Co.」に変更し、現在の会社のシンボルカラーであるティファニーブルーもこの時期に使用された。この時期の主な製品として最も有名なのは128.54カラットの「ティファニー・ダイヤモンド」があり、こちらはティファニー本店に展示されている。

1940年には本店をニューヨークへと移転したが、この時期に「ティファニーで朝食を」という映画がヒットしたこともあり、ティファニー本店は観光名所として人気のスポットになった。それまでもブランドとしての認知は高かったティファニーだが、オードリーヘップバーンが出演したこの映画によって知名度が一般人に向けても大きく広がることになり、多くの女性から愛されるブランドにまで成長する一つの契機となっている。

特徴

 
宝飾品のブランドとして180年の歴史を誇るティファニーだが、高級ブランドの商品だけではなく、手に取りやすい価格帯の商品も提供している。
ティファニーの主な製品種別としてはジュエリーや宝飾品、銀製品などがあるが、それ以外にも腕時計、食器、フレグランス、レザーグッズなども販売している。

また、ティファニーの銀細工には「スターリングシルバー」という種類があるが、こちらはリーズナブルな値段にも関わらず品質がいいことから非常に人気の商品である。この「スターリングシルバー」は製品名ではなく、銀の純度を示した規格である。銀の純度が92.5%であることは「SV925」と称されており、こちらはティファニーがアメリカで初めて自主基準を定めたものである。
他ではティファニーは宝飾品、銀製品の他にも時計のブランドとしても有名であり、今日では色々な人に様々な製品が愛されているブランド。  

ティファニーはセレブから一般人、そして歴代大統領や要人にも使用されており、前述した映画なども含め歴史はアメリカの発展の共にあったとも言える。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。