東寺

教王護国寺(東寺)とは

教王護国寺は京都府京都市にある寺院で、『古都京都の文化財』のひとつとして、1994年12月にユネスコの世界遺産に登録された。一般的には東寺と呼ばれる事が多い。

概説

『教王護国寺』は真言宗総本山の寺院であり、平安遷都の際に建立された1200年もの歴史がある建築物である。当時、国家鎮護の官寺として『東寺』と『西寺』の2つに分けられ建てられていたが、西寺は次第に衰退していき東寺だけが残された。823年に嵯峨天皇は東寺を『弘法大師空海』に預けたことにより、名を『教王護国寺』に改められて、真言密教の道場として発展していく。その後、弘法大師空海によって、講堂や五重塔などが造営されていくこととなる。現在も弘法大師空海のゆかりのある寺院として、親しまれ続けている。

教王護国寺(東寺)の特徴

『教王護国寺』は日本最古の密教寺院であり、別名、『東寺』とも呼ばれている。京都駅から徒歩圏内にあるため、アクセスも良い。桃山時代の建築物である『金堂』は、国宝に指定されている。現在の金堂は、1603年に豊臣秀吉によって再建されたものである。金堂の横にある『講堂』は、境内のほぼ中央に位置しており、弘法大師空海が密教の教えを伝えるための中心的な建物であった。講堂内では『立体曼荼羅』があり、本来曼荼羅は平面で描かれるものであるが、教王護国寺では立体的な曼荼羅を見ることができる。講堂の横には『食堂』があり、僧が生活の中で修行を見出すための場所として使われていた。地震や火災などによって倒壊や焼失を繰り返し、現在の食堂は昭和初期に再建されたものである。また、観音堂や千手堂とも呼ばれている。木造建築物の中で日本一の高さ(約55メートル)を誇る『五重塔』は、教王護国寺のシンボルとして最も有名な建築物である。落雷などによって4度焼失しており、現在の五重塔は徳川家光の寄進によって再建されたものである。そして、春と秋のみ開館している『宝物館』では、重要文化財であり、約6メートルもの高さを誇る『千手観音立像』が展示されており、その他にも重要文化財や国宝に指定されている展示物が約2万点所蔵されている。毎年8月15日には、精霊を供養する法要として『万燈会法要・盆踊り大会』が開催されており、自由に参加することができる。また、春の桜の時期と、秋の紅葉の時期にはライトアップが行われており、夜間特別拝観が可能である。

拝観時間
金堂・講堂
8時00分~17時00分

宝物館・観智院
9時00分~17時00分

拝観料
無料(※一部有料)

アクセス

JR京都駅より徒歩→15分
駐車場あり(※有料)

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。