東京競馬場

東京競馬場とは

東京競馬場は1933年に誕生した日本の中央競馬を開催する競馬場。東京都郊外の府中市にあるため、府中競馬場と言われたりもする。管理者は日本中央競馬会(JRA)

概説

東京競馬場は、前身となる目黒競馬場の跡地として1933年の11月に府中にオープンした。日本で初めてダートコースが導入されたり、巨大なターフビジョンが設置されたのも東京競馬場が最初になる。レースコースとしては新潟競馬場に次ぐ日本屈指の大きさを誇り、中央競馬が行われる競馬場としては最も多くGI競争が開催される競馬場となっている。2002年から3回に分けて改修工事が行われ、2007年に完了している。

特徴

東京競馬場の大きな特徴は直線の長さで525.9mと新潟競馬場に次ぐ長さがある。また直線には480mから260m地点にかけて2mの坂がある。またコースも全体的に広く、改修工事によってコーナーも緩やかになったため展開により紛れが生じづらい、実力が現れやすい競馬場と言われる。

芝コースの特徴

発送距離:1400m、1600m、1800m、2000m、2300m、2400m、2500m、2600m、3400m
直線距離:525.9m
高低差:2.7m
Aコース一周距離:2083.1m
Bコース一周距離:2101.9m
Cコース一周距離:2120.8m
Dコース一周距離:2139.6m

ダートコースの特徴

発走距離:1200m、1300m、1400m、1600m、2100m、2400m
直線距離:501.6m
高低差:3.4m
一周距離:1899m

主な競走

グレード レース
G1 フェブラリーステークス
NHKマイルカップ
ヴィクトリアマイル
優駿牝馬(オークス)
東京優駿(日本ダービー)
安田記念
天皇賞(秋)
ジャパンカップ
G2 フローラステークス(オークストライアル)
青葉賞(ダービートライアル)
京王杯スプリングカップ
目黒記念
毎日王冠
府中牝馬ステークス
京王杯2歳ステークス
アルゼンチン共和国杯
G3 根岸ステークス
東京新聞杯
クイーンカップ
共同通信杯
ダイヤモンドステークス
エプソムカップ
ユニコーンステークス
サウジアラビアロイヤルカップ
富士ステークス
アルテミスステークス
武蔵野ステークス
東京スポーツ杯2歳ステークス
J.G2 東京ハイジャンプ
J.G3 東京ジャンプステークス

施設情報

名称 東京競馬場
開場 1933年11月8日
開門時間 9時00分~(混雑状況などにより変更あり)
住所 東京都府中市日吉町1-1
アクセス 京王線府中競馬正門前駅徒歩2分
京王線東府中駅徒歩10分
JR府中本町駅徒歩5分
西武線是政駅徒歩10分
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。