トムヤムクン

トムヤムクンとは

トムヤムクンは甘味、辛味、酸味が特徴のタイ料理の一種。タイ語でトムは煮る、ヤムは混ぜる、クンは海老を指しそのまま海老をベースに香草、マッシュルームなどのきのこ類等を混ぜた煮込みスープ料理になる。ベースなるトム・ヤムスープはナムプリックパオというタイでは一般的な調味料をベースにレモングラスやガランガルに加え、唐辛子やコリアンダーなどの香草も用いて煮て作り上げる。

概説

トムヤムクンは一説では世界三大スープとも呼ばれ、タイだけではなく他の国でも愛される料理である一方で、その辛さや材料として用いられる香草などが苦手な人も多い。

また香草だけではなくレモングラス、コブミカンの葉、カーといったハーブもトムヤムクンの特徴で、コクがありながらもさっぱりとした味わいを作り出している。
なお、トムヤムクンは海老を始めメインに魚介類などを用いる事が多いが、派生して鶏肉を入れるトムヤムガイのような料理やトムヤムラーメンのような料理、または白身魚とご飯などを混ぜてスープライスにしても美味しい。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。