トリガミ

トリガミとは

トリガミは競馬をはじめとする公営ギャンブルにおいて使われる言葉で、購入した馬券が的中したものの、トータルではマイナスになってしまうことを指す。トリガミになることをガミると表現したりもする。

概説

トリガミは基本的に1レースにおける収支を指す際に使われる言葉になり、手広く何点も馬券を購入し、その内の一つ又は複数的中したものの、購入した金額を配当が上回らなかった場合使われる。

基本的にトリガミは購入点数が多いことが要因として起こり、例えば一点買いの場合は当たれば(元返しを除き)購入金額を下回ることはないためトリガミの状況にはならない。また流しなどで購入せず、一点づつオッズを細かく計算し購入することでトリガミになる状況を防ぎやすくすることも出来る。ただし、大きく狙った馬券がありそれが外れた場合の全負けを防ぐという意味でのトリガミはどちらかといえば肯定的に捉えることも出来る。

なお、トリガミはもともと粋が身を食うという故事が由来の言葉で、意味としては遊びに長けた人がのめり込み過ぎて体や生活がボロボロになることを指している。ここから転じてガミを食うという言葉が使われるようになり、的中馬券等を取りながらガミを食うと言われるようになり、略されてトリガミと言われるようになった。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。