ユニチカ

ユニチカ

ユニチカは、本社を大阪東京に構える高分子、繊維、無機材料技術を中心に開発を行う繊維メーカーである。設立は綿花の栽培地でもあった兵庫県の尼崎になる。

概説

ユニチカは、1889年に創業した『尼崎紡績』がはじまりである。1918年以降は日本における三大紡績のひとつと呼ばれるようになり、社名も『大日本紡績株式会社』に改名される。その後、ナイロン繊維やガラス繊維の生産も行うようになり、1964年に社名を『ニチボー』に改称される。1969年に日本レイヨン株式会社と合併し、『ユニチカ株式会社』が発足される。

80年代に入ると、ポリエステルフィルムの『エンブレット』の生産や、オレフィン系スパンボンド不織布『エルベス』の開発を行うようになる。90年代には、コットンスパンレース不織布『コットエース』の生産や、ナイロン系複層フィルム『エンブロン』の生産・販売を開始する。2010年には、世界最高レベルの性能の耐熱ポリアミド『XecoT/ゼコット』の開発に成功し、現在も開発に力を入れている。

ユニチカは、暮らしと技術を結ぶことによって、社会に貢献することを経営理念に掲げており、未来に選ばれ続ける企業となることが目標である。そして、『機能素材メーカーとしての基盤強化』、『企業体質・株主資本の強化』を経営方針に掲げており、企業価値を高めることで人々の生活に貢献している。

展開する主なサービス

高分子事業
機能材事業
繊維事業

関連会社等

商社

ユニチカトレーディング(株)

高分子事業

日本エステル(株)
テラボウ(株)
(株)コソフ
ユーシーエス(株)
ユニチカグラスファイバー(株)
(株)ユニオン
ユニチカスパークライト(株)
(株)アドール

繊維事業

大阪染工(株)
ユニチカスピニング(株)
ユニチカメイト(株)
(株)上條精機
ユニチカガーメンテック(株)
ユニチカテキスタイル(株)

その他事業

ユニチカ設備技術(株)
(株)ユニチカテクノス

会社情報

会社名 ユニチカ株式会社
設立 1889年6月19日
本社所在地 (大阪本社)大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-3 大阪センタービル、(東京本社)東京都中央区日本橋本石町4-6-7 日本橋日銀通りビル
事業内容 高分子事業(フィルム、樹脂、生分解材料)、機能資材事業(機能材、不織布)、繊維事業(繊維)、その他事業(プラント・技術輸出)
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。