ヴィチェーン

VeChainとは

VeChain(ヴィチェーン)はブロックチェーンの技術を用いて製品の管理やデータ認証などを行うためのブロックチェーンアプリケーションのプラットフォームでありプロジェクトの名称。なおVeChainの設立は2015年6月で、中国のブロックチェーン関連企業の中でも大手であるBitseの子会社としてスタートした。

VeChainの特徴

VeChainは物流、小売、デジタル文書、デジタルコンテンツ、農業など幅広い分野にソリューションを提供しており、Vechainおよびそのブロックチェーン技術を活用する事で、各業界における問題点の一つである偽造や改ざんを防ぎ、また証跡を追跡可能にすることで管理業務などでも貢献する事が出来るようになる。

例えば何らかの農産物の生産を行う会社が顧客に対してブランドを訴求するために生産者や品質などを証明するために改ざん不能であるブロックチェーン技術を持つVechainを利用するというような事がユースケースとしては考えられる。そのためVechainは企業向けのプロジェクトおよびソリューションになると言える。

暗号資産(仮想通貨)としてのVechainに関しては2種類のトークンが存在し、一つ目はネットワーク全体で用いられるVET(VeChain Token)、もう一つはトランザクションの実行時にエネルギーとして使われるVTHO(VeChainThor Energy)になる。なおVeChainは当初イーサリアムプラットフォームのブロックチェーンで機能していたが、2018年にオリジナルのブロックチェーンへ移行、その際にリブランディングも併せて行った。ちなみにリブランディング前の通貨名はVEN。

なおVeChain Thorの承認プロトコルはPoA(Proof of Authority)が採用されており、これはトランザクション(取引)及びブロックをバリデーターと言う承認されたアカウントが行う仕組みになっている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。