VR

VRとは

VR(バーチャル・リアリティー)はコンピューターによって表現されている現実空間とは異なる仮想空間のこと、またはそうした空間を生み出す技術のことを指す。仮想空間は現実に近い設定の世界観を表現している事が多い。

概説

VRは仮想現実と呼ばれる通り、現実に限りなく近い世界をサイバー空間の中に表示し、ユーザーはそうした空間をHMDと呼ばれる大きめのサイズのゴーグルを装着して確認するようなケースが多い。
但し、ゴーグルを装着する手間を無くすために、近年ではWebブラウザを用いてVR空間を表現するWebVRと呼ばれる技術なども登場している。このWebVRはあくまでもWebブラウザ上で表現される技術のため、多くの開発者の参入が可能となるため、より技術として高まる可能性がある。

VRの活用例としてはゲームのように純粋にリアルな感覚を楽しむものだけではなく、職業訓練や企業の販促としての空間活用、あるいはスタジアムなどでのリアルタイム疑似観戦など幅広い用途での活用が期待されている。
ちなみに、VRの歴史としては1950年にSensoramaという端末が登場しており、これが最初と言われており、その後ゲーム会社などを中心に様々なハードウェアが登場した。
但し、当時は技術的に表現出来る事が限定的だったこともあり、現実との乖離が大きかったが、ここ数年の技術の発達、特にインターネットの登場により一気にVRは進化した。

なお、VRと似た仮想技術としてAR(Augmented Reality)と呼ばれる技術があるが、こちらは拡張現実と呼ばれ、あくまでも現実をベースにその世界を広げるための技術になり、VRのように別の空間に没入する訳ではない。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。