VPN

VPNとは

VPN(ぶいぴーえぬ:Virtual Private Network)はインターネット・IP接続において作られる仮想的な専用回線の事で、既存の通信回線を利用しながらも仮想的に経路を構築し通信を行う技術のこと。

概説

VPNはそれまでセキュア(セキュリティレベルの高い)な通信を行う際に取られていた独自の専用回線を設定する方法では無く、あくまでも既存の通信回線を利用した技術である。専用回線を引く方がセキュリティレベルとしては高いが、一方でコストも大きくなってしまう事がネックであり、その点を解消したのがVPNになる。

VPNは大別するとインターネットVPNとIP VPNに分けられ以下のような違いがある。

インターネットVPN

インターネットVPNは利用するそれぞれの拠点間において専用のルータを置き相互に通信を行う。この事により接続された端末はインターネット回線上でありながらLAN配下で通信を行うような形になり、また通信においてもそれぞれ設定されたセキュリティを適用しながら通信することが可能になる。

IP VPN

IP VPNは特定の通信事業者と契約した上で、そのネットワークを使う事を指す。IP VPNの場合は契約を行わないと使用できない事からセキュリティのレベルは極めて高く、通信に対する暗号化も行わないため通信速度も速くなる。ただし、インターネットVPNなどに比べると高額になるのがデメリットと言える。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。