Web Vitals

Web Vitalsとは

Web Vitals(ウェブ・バイタルズ)はGoogleが新しく設定したウェブサイト・ページに関するパフォーマンスの指標で、検索ランキングに組み込まれることが発表されている。Web Vitalsは後述するCore Web Vitalsという項目と照らし合わせて、優れたユーザー体験を指標として設定したものになる。Googleは2020年5月に今後の導入を発表しており、導入のタイミングとしては2021年以降で少なくとも導入の半年前にはアナウンスされることになっている。

特徴

Web VitalsにはCore Web Vitals(コア・ウェブ・バイタルズ)という核となる指標があり、現時点では以下のような項目が設定されている。

・Largest Contentful Paint(LCP)
LCPはページの読み込み速度、より速度が早くレスポンスが早い時間を数値化したもの
・First Input Delay(FIP)
FIPはユーザーがページで最初にアクションを起こす際の体験を数値化したもの
・Cumulative Layout Shift(CLS)
ページが安定的に見れる指標、安定性の高いサイト・ページを数値化したもの

これらの指標が数値化され、良い・改善する必要あり・悪いの3つで評価される。
なお、これらの指標は2020年5月時点で想定される項目になり、これ以外にも今後新たな指標が追加される可能性があるなど、指標自体も進化する予定になっている。

ツール

自身のサイトがWeb Vitalsの指標と照らし合わせた際にどういった数値になるか測るためにツールが提供されており、代表的なツールとしては以下の通り。

Lighthouse(拡張機能)
Chrome DevTools(Google Chromeツール)
PageSpeed Insights(webツール)
Search Console(分析ツール)

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。