ワーキングホリデー

ワーキングホリデーとは

ワーキングホリデー(Working Holiday)は青年が異なる国・地域の文化の中で休暇または就労も含めて生活を行い見聞を広める事が出来る制度。日本においては1980年のオーストラリアを皮切りに年々対象国・地域は増加している。

概要

ワーキングホリデーは実際に活用する青年のみならず受け入れる両国間の交流を図る目的としても行われる制度。ビザの発給に対する状況や協定は見直しが度々行われるため、実際に活用する際には各国の大使館などに問い合わせる必要がある。
また年間の発給枠が制限されている渡航先もある。

ビザの発給の要件に関しては前述した通り国や地域によっても異なるが、生計を建てる資金力や健康体であること、往復旅券(あるいは帰国時に必要な旅券を購入する資金)などが挙げられる。年齢に関しては概ね18才以上30才未満が対象になるが、26才以下とする国もあるなど注意が必要になる。
詳細はこちらの外務省のHPを参照のこと

2020年1月時点の協定国

アイスランド
アイルランド
アルゼンチン
イギリス
オーストラリア
オーストリア
カナダ
韓国
スペイン
スロバキア
台湾
チェコ
チリ
デンマーク
ドイツ
ニュージーランド
ノルウェー
ハンガリー
フランス
ポーランド
ポルトガル
香港
リトアニア
エストニア(※2020年中予定)
オランダ(※2020年中予定)

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。