ワールドワイドウェブ

World Wide Webとは

World Wide Webはインターネット上で用いられるテキストなどを情報を公開したり閲覧するために活用されているシステムのことで、略してwwwやWebと呼ばれている。イギリスの科学者であるティム・バーナーズ=リー氏が考案し、システムが開発され現在では世界中のあらゆる場所にて日常的に利用されている技術。

概説

World Wide Webと呼ばれるWebサイトが1991年8月6日に前述したティム・バーナーズ=リー氏より公開された。また、World Wide Webクライアントと呼ばれるブラウザも公開され、無料で開放されることになった。

World Wide WebにおいてはHTML言語などで記述された文章が広くネットワーク上に公開されることになる。また検索エンジンやブラウザが進化したことにより、ネットワーク上の様々なページを探し、発見することが容易になり各人が発表していたページなどが広く知られるようになり、システムとしての評価が高まった。これが現在に至るまで続くWebサイトの盛隆のきっかけになっている。

ちなみにWebは蜘蛛の巣という意味で、前述した文章を構成するファイルなどがWorld Wideに広がったこと、情報と情報が蜘蛛の巣のように網目状に張り巡らせられたシステムが構成されることを意味している。

一方でWebはインターネットとしばしば混同されてしまいがちだが、インターネットがコンピュータ同士が繋がり提供される情報通信技術の総称でWebだけではなく、電子メールやサーバなど幅広い用途で利用されている仕組みのことを指す事に対し、Webはインターネットという技術を使ってハイパーテキストで構成された文章を表示し、また連携することを実現するシステムという違いがある。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。