屋久島

屋久島とは

屋久島(やくしま)は鹿児島県熊毛郡屋久島町に属する鹿児島県南部から60キロ程度南方に位置する島。1993年にユネスコの世界自然遺産に登録された。

概説

屋久島は面積504.29㎢の円形をした島で主なエクスカーションとしては自然を楽しむトレッキングになるがカヌーやシュノーケリングなども楽しめる。
トレッキングに関して言えば島はほぼ全域が山地になり、島中心部には宮之浦岳と呼ばれる九州地方で最大の高さを持つ山(1936m)がそびえ立っている。
ハードな行程のトレッキングも可能だが一方でライトな山登りも可能。ただし見どころの一つとして言われる樹齢1000年を超える縄文杉(屋久杉)などを見るためには往復8時間程度を要してしまうためそれなりに用意が必要となる。なお屋久杉に関しては樹齢が1000年以上の木が屋久杉と呼ばれている。
また白谷雲水峡のように迫力ある滝がたくさん楽しめるスポットなども人気で、もののけ姫の森の舞台になったと言われており、見事な自然が残っている。

アクセス

屋久島へのアクセスとしては飛行機が一般的で大阪の伊丹空港と福岡空港から屋久島空港まで直行便が出ている。
他の場合は鹿児島空港経由で屋久島空港まで向かう事が出来る。他の手段としては鹿児島からフェリーや高速船なども運行されている。
島内の主な移動手段としてはレンタカー、路線バスまたはタクシーになるがレンタサイクルなどもある。

見どころ・名所

屋久島内の主な見どころ・名所としては以下の通り

・縄文杉
・ウィルソン株
・大王杉
・苔むす森
・太鼓岩
・七本杉
・宮之浦岳
・ヤクスギランド
・くぐり杉
・大川の滝
・白谷雲水峡
・花之江河
・益救神社
・平内海中温泉
・屋久島灯台

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。