安田記念(競馬)

安田記念とは

安田記念(やすだきねん)は日本中央競馬会(JRA)が開催するGIレースの一つで、毎年梅雨の時期に東京競馬場で行われている。秋に同じ1マイル(1600m)の距離で行われるレース、マイルチャンピオンシップと並び日本のマイラー王を決定するためのGI競走。レース名は日本競馬の黎明期に尽力した安田伊左衛門が由来。

概説

安田記念は1951年に創設されたGI競争で、施行当初は安田賞というレース名でハンデキャップ競走あった。その後1984年にグレード制が導入されてからはGI競争となり、現在では海外馬・地方馬ともに参戦可能な国際GI競争になっている。

レースは3歳馬が春のクラシックレースを終えた直後というタイミングもあり基本的に古馬の参戦が殆ど。ただしNHKマイルカップが創設されてからはマイルに適性を見出した馬が参加することもあり、実際にリアルインパクトは3歳で優勝を果たしている。

なお、コースに関しては1967年を除き第一回から現在まで東京競馬場の1600mコースで行われている。

優先出走権

マイルチャンピオンシップは以下のレースにおいて1着馬に優先出走権を与えている。

・マイラーズカップ
・京王杯スプリングカップ

歴代優勝馬

開催年月日 優勝馬
1951年7月1日 (牡3)イツセイ(保田隆芳)
1952年7月6日 (牝3)スウヰイスー(保田隆芳)
1953年6月14日 (牝4)スウヰイスー(保田隆芳)
1954年6月6日 (牡4)フソウ(高橋英夫)
1955年6月12日 (牡5)クリチカラ(森安弘明)
1956年6月10日 (牡4)ヨシフサ(渡辺正人)
1957年6月9日 (牡4)ヘキラク(蛯名武五郎)
1958年6月1日 (牡4)ラプソデー(坂本栄三郎)
1959年6月7日 (牡4)ヒシマサル(小野定夫)
1960年6月5日 (牡4)オンワードベル(高橋英夫)
1961年6月11日 (牡4)ホマレボシ(八木沢勝美)
1962年6月10日 (牡4)トウコン(山岡忞)
1963年6月2日 (牡4)ヤマノオー(森安弘明)
1964年6月7日 (牡5)シモフサホマレ(油木宣夫)
1965年6月6日 (牝5)パナソニツク(嶋田功)
1966年6月5日 (牡4)ヒシマサヒデ(小野定夫)
1967年5月21日 (牡5)ブツシヤン(大和田稔)
1968年6月30日 (牡5)シエスキイ(郷原洋行)
1969年6月1日 (牝4)ハードウエイ(加賀武見)
1970年5月31日 (牡4)メジロアサマ(矢野一博)
1971年6月20日 (牝4)ハーバーゲイム(野平祐二)
1972年7月23日 (牝4)ラファール(中島啓之)
1973年6月10日 (牡4)ハクホオショウ(伊藤正徳)
1974年6月9日 (牝5)キョウエイグリーン(東信二)
1975年6月8日 (牝4)サクライワイ(小島太)
1976年6月13日 (牡5)ニシキエース(森安重勝)
1977年6月12日 (牝4)スカッシュソロン(横田吉光)
1978年6月11日 (牡5)ニッポーキング(郷原洋行)
1979年6月10日 (牡4)ロイヤルシンザン(的場均)
1980年6月8日 (牡5)ブルーアレツ(嶋田功)
1981年6月7日 (牡6)タケデン(増沢末夫)
1982年6月13日 (牝5)スイートネイティブ(岡部幸雄)
1983年6月12日 (牡5)キヨヒダカ(増沢末夫)
1984年5月13日 (牡6)ハッピープログレス(田原成貴)
1985年5月12日 (牡5)ニホンピロウイナー(河内洋)
1986年5月11日 (牡6)ギャロップダイナ(柴崎勇)
1987年5月17日 (牡4)フレッシュボイス(柴田政人)
1988年5月15日 (牡5)ニッポーテイオー(郷原洋行)
1989年5月14日 (牡4)バンブーメモリー(岡部幸雄)
1990年5月13日 (牡5)オグリキャップ(武豊)
1991年5月12日 (牝4)ダイイチルビー(河内洋)
1992年5月17日 (牡4)ヤマニンゼファー(田中勝春)
1993年5月16日 (牡5)ヤマニンゼファー(柴田善臣)
1994年5月15日 (牝4)ノースフライト(角田晃一)
1995年5月14日 (牡4)ハートレイク(武豊)
1996年6月9日 (牡7)トロットサンダー(横山典弘)
1997年6月8日 (牡6)タイキブリザード(岡部幸雄)
1998年6月14日 (牡4)タイキシャトル(岡部幸雄)
1999年6月13日 (牡4)エアジハード(蛯名正義)
2000年6月4日 (騸5)フェアリーキングプローン(R.フラッド)
2001年6月3日 (牡7)ブラックホーク(横山典弘)
2002年6月2日 (牡6)アドマイヤコジーン(後藤浩輝)
2003年6月8日 (牡6)アグネスデジタル(四位洋文)
2004年6月6日 (牡6)ツルマルボーイ(安藤勝己)
2005年6月5日 (牡6)アサクサデンエン(藤田伸二)
2006年6月4日 (騸7)ブリッシュラック(B.プレブル)
2007年6月3日 (牡6)ダイワメジャー(安藤勝己)
2008年6月8日 (牝4)ウオッカ(岩田康誠)
2009年6月7日 (牝5)ウオッカ(武豊)
2010年6月6日 (牡6)ショウワモダン(後藤浩輝)
2011年6月5日 (牡3)リアルインパクト(戸崎圭太)
2012年6月3日 (牡6)ストロングリターン(福永祐一)
2013年6月2日 (牡5)ロードカナロア(岩田康誠)
2014年6月8日 (牡5)ジャスタウェイ(柴田善臣)
2015年6月7日 (牡4)モーリス(川田将雅)
2016年6月5日 (牡6)ロゴタイプ(田辺裕信)
2017年6月4日 (牡6)サトノアラジン(川田将雅)
2018年6月3日 (牡4)モズアスコット(C.ルメール)
2019年6月2日 (牡4)インディチャンプ(福永祐一)
2020年6月7日 (牝4)グランアレグリア(池添謙一)
2021年6月6日 (牡5)ダノンキングリー(川田将雅)
免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。