やよい軒

やよい軒とは

やよい軒は弁当を販売するチェーン店である「ほっともっと」も手掛けるプレナスが事業本部となり展開する外食レストラン。

概説

やよい軒は1989年に福岡県の博多「南バイパス店」で創業し、長らく名称はめしや丼として営業していた。その後、やよい軒として一号店を2004年の東京都新宿区四谷の四谷4丁目店に出展した。なお創業した「南バイパス店」は健在だが「四谷4丁目店」は現在閉店している。また国内の多くの飲食チェーン同様、国内のみならず海外にもYAYOIという名称で多くの国々へ出店している。なおエリアとしては特にタイにおける展開が目立ち、他ではシンガポール、フィリピン、マレーシア、アジア以外の地域ではオーストラリア、アメリカにも店舗がある。

特徴

やよい軒は客が券売機でチケットを買って商品を注文する形式を取っており、最大の特徴はお釜が置いてあってセルフで白米がおかわり出来る定食を中心としたレストランであったが、2019年4月16日以降、一部店舗にておかわりを有料化するようになっている。なお、外観や内装は茶色や黒が基調の和風テイストのモダンなデザインになっている。

やよい軒のメニューとしては定食が中心でみそ汁は必ずついている。また漬物もメインが和食の場合は付いて来る。メインとしては焼き魚やとんかつ等のフライ、焼き肉、ステーキなど豊富な選択肢が用意されている。
また、やよい軒では11時までは朝食特別メニューを提供しており、定番の納豆、目玉焼き、しゃけの3種類があり全てに焼き海苔が付いている。

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努力に努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。