ドラム用語一覧

ドラムに関する用語を集めています。

あ行

ウッドシェル

木製の胴体で出来たドラムのこと。音全体に深みがありまとまりが出るドラム。

8ビート

1小節を8分音符で構成する基本となるリズムのこと。

エレキドラム

電子音として出す事が出来るドラムのこと。実際のドラムセットに似せて作ってある。

おかず

フィルインのこと。局のフレーズの変わり目に魅せる

オフビート

曲中のドラム音が鳴っていない場所のこと

オンビート

曲中のドラム音が鳴っている場所のこと

か行

カウベル

小さな鐘のような打楽器で高い特徴的な音が出る。基本的に常設ではない。

カップ

シンバルの中心部にある丸く突出した部分。高音が出る

返し

ライブなどで自分または他のメンバーの音を聞くためのモニターからの音のこと

キック

バスドラのこと。

クラッシュ

シンバルのこと

クラッチ

各ドラムにおける閉め具合を調節する部分のこと。

さ行

16ビート

1小節を16分音符で構成するリズムのこと。

シンバル

タムの斜め上に置く金属の打楽器。

シェル

ドラムの胴体部分のこと。スネアドラムは金属や木など様々なタイプがあり、その他は木で作られた物が多い。

スタジオ

音楽練習用のスタジオのこと。ドラムは基本スタジオ入らないとドラムセットを使った練習が出来ないのは辛いところ

ストレイナー

スネアドラムのスナッピーのオンとオフを切り替えるパーツ

スティック

ドラムを叩く棒のこと

スティック回し

プレイ中にスティックを手の上で回すパフォーマンス。メタルやハードロックなどのドラマーがやるのを良く見かける

スネアドラム

ドラムのベースとなるドラム。水平に置き振り下ろして叩く。

スナッピー

スネアドラムの背面に張る音を作る金属製の網のようなベルト

スローン

ドラム用の椅子のこと。非常に重要。

た行

タム(タムタム)

スネアの上に位置する中音域のドラムのこと。位置の関係もあり、どちらかと言えば前に叩くようなイメージ

タム回し

おかずの一つで順にタムを回して叩くこと

ダブルストローク

ドラムを叩く時のテクニックの一つで、一打打つ際に弾みを利用し二回叩くこと。

チャイナシンバル

クラッシュよりも高音を出せるシンバルのこと。一般的な装備では無いが曲にインパクトを与えること出来るため面白いシンバル。

チューニング

ドラムのピッチ(張り具合)を調節すること。ドラマーの好みが反映される箇所だが曲全体も考慮しておきたいところ。

チューニングキー

ドラムのピッチ(張り具合)を調節するレンチのようなもの

ツーバス

バスドラムが二つあるセットのこと。

ツインペダル

叩く棒が二本あるバスドラ用のフットペダルのこと

ドラムケース

主にスネアドラムを収納し持ち運ぶためのケース

ドラムセット

スネア、ハイハット、タムタム、バスドラ、フロアタム、ライドシンバル、クラッシュ等ドラム一式のセットのこと。詳細:ドラムセット

ドラムヘッド

ドラムの叩く面に張る薄い素材のこと

ドラムマット

ドラムが動かないように下にしくゴム製のマットのこと

な行

は行

ハイハット

スネアドラムのやや上に置く主に細かくリズムを刻むための金属製の楽器。シンバルを二つ合わせたような形状で叩くだけではなくフットペダルを使って二つのシンバルを鳴らすことにも使う

バスドラム

低音を響かせるドラム。足元に置き、ペダルを使い叩く

ピッコロ

円の直径が比較的短く、太さも薄いスネアドラムの一種。ピッチを上げるとカンカンと高音が出る。

ピッチ

ドラムの面の張りのこと。ピンと張り高音が出るようにすることをピッチを高くすると言う。

フープ

ドラムの面を固定する金属製のパーツ

フィルイン

曲が展開する際のコンビネーションのこと

フロアタム

スネアの逆側に置く太い音を出すためのドラム。スネアと同じように振り下ろして叩く

ま行

マッチドグリップ

スティックをそのまま掴むように握る、一般的なスティックの持ち方

メタルシェル

鉄で出来た胴体を持つドラムのこと。アタック音が強く音を強調するにはピッタリのドラム。スチール(鉄)、ブラス(真鍮)、カッパ(銅)、ブロンズ(青銅)、アルミ、チタン等様々な材料のドラムがあり特徴も微妙に異なる。

モニター

ライブなどで自分または他のパートの音を聞く事が出来るスピーカーのこと

や行

ら行

ライドシンバル

フロアタムの斜め上あたりに設置するシンバル。

リズム隊

バンドにおいてリズムの基本となるパート。一般的にベースとドラムが該当する。

リムショット

ドラム面の端を叩く手法。端の方が締まる力が強くなっているため同じドラム内でも特徴的な音が作り出せる。

レギュラーグリップ

マーチングなどで良く見かけるドラムスティックの握り方。スネアを叩く方の手の中指と薬指の間にスティックを挟み込み下にスナップを効かせて叩く手法。

わ行

ワンタム

タムタムを一つにするスタイル。ライドが叩きやすい

免責事項

用語集ドットコムでは記事の内容が正確であるように努めておりますが、掲載されている情報はその内容を保障するものではありません。そのため当サイトの情報やその利用によって発生する損害・損失に対しては一切の責任を負いかねます。また、利用に際してはこの免責事項に同意するものとみなしますのでご理解ください。